女性のための保険が登場|プロに相談するのが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

損すること

相談

備えあれば憂いなし

現代では、一人に一台自転車を所有している時代になり、損害保険の加入を検討する方も多くなってきています。自転車は自動車のように維持費やガソリン代を支払わなくていいだけでなく、徒歩よりも早く会社や学校に通勤することができるので便利です。しかし、便利が故に交通事故や人身事故を起こしやすくなっているのも事実で、未成年が自転車に乗っている時に事故を起こし、相手に怪我などを負わせた場合、高額な損害賠償を支払わなくてはならない事例があるのでそうならないためにも損害保険に加入しておくといいでしょう。また、安全運転は第一ですが、車など思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまったケースでも損害保険を適用できることがあるので、自転車だからと油断せず損害保険に入っておくべきです。

利用するなら

自転車で事故を起こした場合、損害保険がどれだけ受け取れるのか知っておくといいでしょう。例えば、死亡や後遺症が残るケースは1000万円前後もらうことができるのです。また、病院の入院費用や通院費用も支払ってくれるので、2500円前後から5000円前後受け取ることができるでしょう。そして、他者へ危害を与えてしまって場合は、1億円ほど支給されるのです。億単位の金額は自分ではどうすうこともできず、最悪の場合自己破産するしかないので、自転車を利用するなら損害保険に加入しておくのがベストです。